ファッション

留学中の服装@メルボルン

taki
taki
こんにちは。Takiです今日は留学中の服装について話していきたいと思います

もちろん、留学、ワーホリといえば語学習得が一番のメイン。

でも時が近づき、荷造りをする中で

考えなければいけないことは、【どんな服をもっていこう(*ˊᵕˋ*)?】になるかと思います。

オーストラリアの人の服装のみんなのイメージはどうですか?

ファッショナブル? カジュアル? リゾートドレススタイル?( ˙◊︎˙◞︎)◞︎??

taki
taki
私はめっちゃださいと思ってました

↑失礼( *ˊᵕˋ )

そんな私の失敗談を紹介しておきます。

最初にオーストラリアにきたのは12月。

12月から3月までの短期留学でした。

留学エージェント
留学エージェント
日本の冬はメルボルンの夏ですよ

と言われ、真夏、海、コアラ、カンガルーのイメージがあった私は、

taki
taki
この時点でメルボルンのこと研究してない

ビーチとかにいるオーストラリア人のイメージがあり、

taki
taki
ググったイメージでなく勝手な脳内イメージ

オーストラリアも東京に比べてたらファッションに無頓着だろうなぁと思い、

捨ててもいいような服しか持参しませんでした…(`・-・´)

…….。

それが大失敗…。。。(´;ω;`)

もちろんオーストラリアだ、、、気ままだなぁと思うような人もいるけれど、

メルボルンは意外とおしゃれな人も多く、服にこだわっている人もみかけられます。

またメインストリートのbourke stにはH&MやZARAやらいろいろあり、

そのあたりはファッションに気を使っている人も歩いているので

すーごい適当なTシャツや、短パンしかもってないとたぶん後悔するかと思います。

あとは語学学校等で友達ができると、バーや、クラブに飲みにでかけたり、ホームパーティーによばれて

でかけたりする機会があるかもしれません。

なので、ここぞというときの服も一着あったほうが便利だと思います。

でないと、みんながおでかけでおしゃれしてでかけるぞ!というときに自分だけ何も着るものがない(´;д;`) となってしまいます。

また、メルボルン、、、とっても好きでよいところですが、

天気の移り変わり、日本と全然違います。

天候がとっても変わりやすいです( *ˊᵕˋ )

なので慣れないと(いつまでたっても慣れない)服の選択が難しいです。

日にちごとだと、昨日30度で今日は18度、明日は27度…(σ * ´v`)σ移り変わり激しすぎ!!

1日の中で朝は15度で、お昼くらいになって27度で、夜また冷え込んで16度みたいなこともあります。

なので夏のシーズンでも絶対、羽織ものや軽めのジャケットを持参することをオススメします。

そして冬は、オーストラリアといえど、メルボルンはふつうに寒いです。。。

たぶん暖かいイメージでそのまま過ごせるのはゴールドコースト、ブリスベン、ダーウィンのほう。

メルボルンに来るのであれば【日本の冬に使ってるコート、ジャケット】の持参をおすすめします。

★ 適当な服でなくて自分が日本でも好きな服をもってこよう

★12-3月 ⇒ 涼しくなるときもあるので羽織は必須!

ジャケット持参もオススメです

★5-9月   ⇒ 冬用のコートをもってこよう

ただ、こっちでもどんな服があるか、みてみたい!

荷物重くしたくない!という人は

メルボルンはシティーにお店もたくさんありますし、

お金を節約している人は古着を買うというテクもあるので、

それでしのぐこともできますよ( *ˊᵕˋ )

ただ、注意点に書いたようにメルボルンは【涼しい日】【寒い日】というのがあるので

こんな気候想像してませんでした。。。という状況に陥らないように

夏の時期とされている時期に来る方は、夏物だけでなく、秋ものも、

1年留学WHの方、5-9月来る方は、冬服をもってきていただけたら困らないかなと思います。

taki
taki
季節のタイミングにあわせて、羽織、ジェットとコートもってこよう!Tシャツ短パンだけはダメ🙅絶対!です

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村