日常

コーヒーでは通じない…?

taki
taki
こんにちは、Takiです

今日は私がきたときに驚いたメルボルンのコーヒーの話を紹介したいと思います。

メルボルンのコーヒー文化?

メルボルンはカフェ文化が発達しており、いたるところにカフェがあり、おいしいコーヒーを飲むことができます。

私がメルボルンに着いたときは、コーヒーの知識0~zero~。

日本では友達とお茶するときにスターバックスいって、キャラメルフラペチーノを飲むか

試験前の徹夜、もしくは寝不足対策でコンビニのブラックコーヒーを飲むくらいでした。

なので、特にコーヒーに対して強いこだわりがあったわけではありません。

ですが、メルボルンにきてから…

Coffee Snobに変身…!

「snob」はsnobbishの略。お高くとまったという意味なので、

coffee snobはこだわる人という感じで使われます( *ˊᵕˋ )

taki
taki
そう、コーヒーの美味しさに気づきました

なのでメルボルンのコーヒーをみなさんに堪能してほしいと思います!

ただここで日本からきたばかりの人、これから訪れる人は要注意!!

‘could I get coffee?’ =コーヒーください(∩ˊ꒳​ˋ∩) と注文しても、

コーヒーでてきません。。。

最初にコーヒー買おうと思ったときこの↑のフレーズを話して

それで頼めなくてどうしたらいいんだ、、、と困りました。

店員さんは’what types?'(どんな)とかさらに質問つづけてきます。。。。

なぜなら、そのとき、こちらではいわゆる【コーヒー】というものはなく、

飲み方を最初からオーダーしないといけないということを知らなかったのです。

例えば:

ラテ(ミルクとエスプレッソ)

カプチーノ(ミルクとエスプレッソ、泡立ったミルク量がラテより多い、よくココアパウダーよくのってる)

フラットホワイト(ミルクとエスプレッソ、ミルク量がラテより多め。泡立ったミルク量少なし)

ロングブラック(いわゆる日本のブラックコーヒー)

というように種類があるのですが、注文の際にこの【種類名】を伝えないといけません。

↓【ラテ】はこんなかんじ。

メルボルンではよくラテアートもしてくれます₍₍ ◟(∗ˊ꒵ˋ∗)◞ ₎₎

注文するときはコーヒーの【種類】で頼みましょう

例:Could I get 【latte】? =【ラテ】ください。

そうすると店員さんに質問攻めにされずすみます。笑

コーヒーの種類は住めばなれてくると思いますが、

思い出せないというときがあれば、指さしで

あの人のと同じのが欲しい!!といえば

隣の人が食べているものをとりあえずがオーダーできます(*ˊᗜˋ*)/

困ったときこの方法で対応すれば、何といえばわからない注文するときに役立ちます。

みなさんもメルボルン、カフェ文化、ぜひ楽しんでくださいね( *ˊᵕˋ ) ⁾⁾♥

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村