留学生活

【ワーキングホリデーの必要最低費用っていくら?】

たき
たき
こんにちは。たきです。

ワーキングホリデー、留学したいとき、気になるのはお金。

今日はワーホリのお金について考えてみます

体験談:3ヵ月の短期留学の費用はこちらから👇

【メルボルン留学での費用】私の短期留学12週間の場合 メルボルン留学での費用を公開 留学したいと思っている方は 費用がどれだけかかるか気になると思います。 留学いっ...

ワーキングホリデーの費用は、どれくらいかかるのか?

とある女性
とある女性
留学や、ワーホリは気になる。
けど、いつもネックになるのはお金です…

そんな方も多いはず。

今日は、実際にワーキングホリデーいくのに最低限を考えてみましょう。

たき
たき
私は、観光、学生ビザをおえて日本に戻ってきて

ワーキングホリデーを申請した組です。

最低限費用

最低でもこれがないとはじまらないのは👇

ビザ申請 $450・3万5千円
保険 約20万~25万
航空券(片道or 往復) 約3~8万

ビザ申請費用

これを払わないとはじまりませんね。

2019年2月現在 $450

現在$1=日本78円なので3万5千円くらいですね。

オーストラリア移民局公式HP:https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/getting-a-visa/visa-listing/work-holiday-417/first-working-holiday-417

保険

私はワーホリ中、日本のAIGの保険に1年はいってました。

保険は日本の保険に1年はいるのを個人的にオススメです。

たき
たき
良いか悪いか保険の恩恵をめっちゃ受けたからです。

なぜなら、はじめの留学は気候や天候があわなくて、

1年で5回ほど風邪をひきました。

また、まさかの全身麻酔で手術を受けるという事態にも遭遇しましたが

保険のおかげで何も払わなくてすみました。(保険のカバー)

日本の保険にはいっていると、保険対応のところで

基本的に自分で現金を出さずに診察でき、薬ももらえます。

なので、健康を損ねたときにケチって

病院にいけないという状況はよくないので、

病院へのアクセスがあったほうがいいと思います。

たき
たき
身体が資本よ!

飛行機

飛行機は片道にするか、往復にするかで値段が変わっていきますが

だいたい安い片道が3万、お得な往復が7か8万円くらいで取得できます。

航空券はやっぱり遠い日程を予約したほうが安いので、

ここは計画をちゃんとした人が費用を抑えられるところだと

思います。

ここまでで最低25万円前後は必要ですね。

滞在費用は?

☝がとりあえず、きて、スタートするまでの

最低限。

次に現地にきてから、どれくらいお金がかかるかというところです。

airbnb(1週間) $500-1000
hotel(1週間) $500-1400
シェアハウス(1ヵ月) $600
雑費(交通費等 1か月) $150
食費(1週間) $140ー$200

滞在費

やっぱり、宿泊費を安く抑えたいのであれば

格安ホテルかairbnbで1週間泊まり

そのあとに現地でシェアハウスを探す方法になるかと思います。

食事も高級レストランとかでなく、

スーパーでうまくパンや飲み物を買う、

安めのアジア系の外食で済ます(1食=$10)と考えると

一ヵ月滞在費$1300+食費$600=$1900

15万円あればとりあえず大丈夫ということになります。

たき
たき
ちなみに、お家はいいところを探そうと思えば

もっと高いところはキリなくありますし、

食費もレストランが吉野家から吉兆まであるように、

全部のレストランや外食と考えず安めのレンジで考えてます

結論

たき
たき
最低40万ほどあればワーホリにいける!

結構ゆとりをもって計算したので、

とことん削れば35~7万に落とすことも可能かと思います。

ただ、本当にこの金額だけできていいのか?

 

たき
たき
個人的にはお金をもっと貯めてからくるべきだと思います

うまく仕事が見つかったり、

滞在先でも安めの理想の家がすぐに見つかればいいのですが、

それがうまくいかない場合もあります。

そういったときに貯金がないとかなり不安になります。

また仕事先は悪い条件を提示してくるお店もあるので

お金がないからどこでもいいから働かなきゃという状況では

よくない環境で働かざるを得なくなってしまいます。

また、友人をつくるにはイベントに参加したり、カフェにいったりという

おでかけも必要。

たき
たき
お金がないだけで選択肢が減るのは悲しい思いを

してしまう結果に…!

最低費用で来ても大丈夫な人

 

  1. すでに英語がある程度話せる(仕事探しに困らない)
  2. 自分に好きなこと趣味がある(友人作りに困らない)
  3. ワーキングホリデーを既にほかの国で経験(既にノウハウを持っている)
  4. ワーホリ中にする仕事や待遇に対してこれといった希望がない

 

最低費用だけで来るのをオススメできない人

 

  1. 現地に知り合いが1人もいない(イベントやでかける費用の余裕があったほうがよい)
  2. 英語があまり話せない(語学学校やプライベートレッスンの費用があったほうがよい)
  3. はじめての海外(思わぬ出費があるかも…)

 

たき
たき
自分は何を求めていて、何がしたいかを明確に!

ただ安くこようとすると本来の目的を見失いがちになります

ワーホリに希望者に良い2019年の日本円

たき
たき
オーストラリア物価高いといわれるけれど、正直$1が78円なら

全然痛手でない。。。

というのが$1=110円の時代も経験している私の率直な意見です…[/chat]

用意が肝心

航空券は格安航空券👇を使うことで飛行機のベスト値段をちゃんと調べること



海外格安航空券の空席情報をいますぐ検索!

保険もいろんなプランがあるので、余裕があるときに

じっくりどれがいいか確認するのがオススメです!(歯科の有り無し含め)

ワーキングホリデー用の保険ならAIG損保
たき
たき
有意義なワーホリ生活のためには

めんどくさがりの人も少しは計画をたてよう!!